にきびの治療

現在日本では、赤くなったニキビの治療に、外用の抗菌剤や抗炎症剤が使われている。 内服薬では、皮膚の新陳代謝を促すビタミンB2、皮膚の抵抗力を高めるビタミンB6の他、色素沈着などを防ぐ為にビタミンCを使用する。 ニキビが酷い場合ホルモン剤による治療もある、ホルモン剤(ステロイド剤)の内服剤、外用剤を用る。 赤くなる前の段階(黒ニキビ、白ニキビ)を治療する薬は、海外にはあるが日本では認可されていない。

体質にもよるが、思春期の男性の場合にはビタミンB群の錠剤を摂取することで症状がすっかり改善する人もいる。こういった例のように原因が体内にある場合には、こまめに洗顔するなどの方法で皮膚を清潔に保ったとしてもにきびの発生自体を抑える方法にはならない。

ケミカルピーリングというフルーツ酸(AHA)を用いた治療法の有効性が確認されている。医療機関で用いられているものとエステサロンなどで用いられているものとは濃度が異なる。一般の人が使うには難しい。しかし、一説にはピーリングをすると、より症状が悪化するという説もある。

ニキビダニ、俗に顔ダニと呼ばれる寄生虫は、ほとんどの人の顔に数万匹程度生息している。通常は過剰な脂肪分を餌にしているため、皮膚の酸性状態が保たれて、細菌から皮膚を保護しているもので、害をなすものではない。

※記事はウィキペディアより引用 引用元ページはこちら

※【PR】おすすめにきびケアを紹介!
【1位】エステでニキビケア⇒ ★誕生!ラ・パルレの【ニキビ内外コース】体験が1回1050円!


【2位】口コミで人気の草花木果。毛穴からにきびケア⇒ 草花木果 透肌スキンケアトライアル

posted by ケロコートにきび跡解消 at 19:49 | にきび情報
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。